リバース

このドラマは、主演である深瀬(藤原竜也)が大学生の時に卒業旅行として行った行き先にて友人を失った過去を追究するドラマです。
この事件が起きてから10年が経過して、当時その卒業旅行に行っていた4人は、それぞれ平穏な暮らしを送っていました。
しかし、そこに当時警察官を担当していた小笠原俊雄(武田鉄矢)が、フリージャーナリストとして4人のもとに帰ってきました。
そして、深瀬(藤原竜也)が付き合っていた人物は、事件当時に広沢(小池徹平)と付き合っていた越智美穂子(戸田恵梨香)でした。
事件が起きてから10年後。
小笠原と美穂子の存在によって、事件の真相が次々と解明されていきます。
また、4人も10年前の事件の記憶をたどりながら、事件の真相を追い求めるようになっていきます。
そして、最終的に事件の犯人のうちの1人は、深瀬であることが分かりました。
直接的に広沢が無くなる原因には、関与していませんでしたが、間接的には関与していました。
当時、広沢はそばアレルギーを持っていました。
それにも関わらず、深瀬が得意なコーヒーの中に入れた蜂蜜の原料にそばが含まれていたのです。
このことを、現在通っていた喫茶店にて思い出すのでした。
つまり、このドラマは10年前の事件の記憶を話が進む度に思い出していくストーリーであるのです。