プレデター

 ダッチ(アーノルド・シュワルツェネッガー)率いるアメリカの特殊部隊が、捕虜救出の任務を帯びてジャングルに潜入します。しかしそこで何者かに襲われます。戦闘のプロであるはずの特殊部隊の隊員がひとりずつ抹殺され、部隊はパニックに陥ります。戦っている相手は、高度な科学力と身体能力を持つ異星人で、彼は光学迷彩をまとって姿が見えないのでした。リーダーであるダッチは知恵を振り絞ってプレデターとの対決を試みます。
 1987年制作の、アメリカのSFアクション映画です。主演はアクション俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーで、この映画公開当時の彼は「コマンドー」「ターミネーター」「プレデター」とヒット映画を連発しており、俳優として黄金期を迎えていた頃でした。
 この映画のポスターが軍人の恰好をしたシュワルツェネッガーである事、また彼が軍人役の映画「コマンドー」でヒットを飛ばしていた事、またこの映画と同時期に退役軍人を扱った「ランボー」という映画がヒットしていた事から、まさか宇宙人と戦うという映画であるとは思いもしませんでした。この映画を観る前に、SF映画であるという予備知識がないと、肩透かしをくったように感じる人は少なくないと思いますので要注意です。しかし、最初からSF映画である事を受け入れさえすれば、能力に優れるプレデターを相手にゲリラ戦を駆使して闘うこの映画は、戦略戦としてスリリングで楽しいものでした。